Unity基本操作

UnityでのComponent(コンポーネント)とは?重力をつけてみる【基礎知識】

UnityでComponentのはなし

前回のUnityでオブジェクト(立方体)の移動・角度・大きさが一気に操作できるツールとショートカットの覚え方はどうでしたか。

そこまで難しくはなかったと思います(・∀・)

今回はComponent(コンポーネント)のはなしです。

Component(コンポーネント)は能力をつけてくれるもの

Componentの機能

【Shikaku】をクリックして選択して、【Inspectorウィンドウ】をご覧ください。色がついているのがコンポーネントです。

コンポーネントはそのオブジェクトに機能をつけてくれます。理エンジンをつけたり、スクリプトをつけて制御したり、音をつけたりできます。

補足:「Component」は整理できる

Componentを整地する

ちなみにこれらの「Component」の名前の左にある矢印をおすと、整理できます。見やすいねぇ。

立方体に重力のComponent(コンポーネント)をつける

Rigidbodyコンポーネントをつける

●重力のコンポーネントをつける

【Shikaku選択】→【Inspector】→【Add Component】→【Rigidbodyを選択】

本当は【Rigidbody】は重力をつけるだけではないですが、とりあえず重力をつけるものだと思ってください。

【Rigidbody】コンポーネントの【Use Gravity】にチェックをつけてあるのを確認

Usegravityにチェック

【Use Gravity】にチェックがついていることを確認してください。

ゲームを実行する

ゲーム実行する ゲーム実行、停止、ステップ

「Shikaku」が落ちたら成功です。

①でゲームが実行されます。ゲーム実行を押すとGameビューで立方体が動きます。Gameビューはゲームをやる側の視点です。

もし「Shikaku」が見えない場合

カメラを動かす

カメラはゲームの世界を映してくれます。そのカメラが「Shikaku」を映していなければ、Gameビューに「Shikaku」は現れません。

カメラの位置を変えましょう。カメラを押したときにSceneビューの右下に現れるのが、Gameビューの様子です。

まとめ

  • Component(コンポーネント)は機能をつけるもの
  • 「Component」をつけるには「Add Component」を押してつける

Unityの基本操作は以上です。

えっこれで終わりと思うかもしれません。でもこれができないとゲーム開発できません。

あとはここで得た基本知識を使って、サンプルゲームを作っていき、拡張や応用していけば様々なゲームを作れるようになります。

わからないことはその都度、ググればOKOKです。

試しに玉転がしゲームを作ってみましょう。基本知識の定着がはかれます。やってみてください。

それが終わったら、ではゼロから始めるC#生活を行いましょう。

ゼロから始めるC#生活
【Unity】ゼロから始めるC#生活【基本知識・入門】C#を学習するならここ【Unity】もしあなたがUnityに少しでも興味をもったらこの記事を読むべきです。Unityでゲームを作るときに必要なC#の基本知識を体系的かつ、わかりやすく学べる講座を作りました。...
ABOUT ME
さぎのみや
さぎのみや
超書手。現在はUnityメディア「ユニシャー」の運営とゲーム開発がメインです。Unity、ライティング関係のお仕事お待ちしております。 >>詳しいプロフィール >>Amazonほしいものリスト
【Unity3D】新しいサンプルゲーム(チュートリアル)を作りました!!!
Unity有料サンプルゲーム

「Unityで3Dゲームを本格的に作っていきたい!」という人におすすめのチュートリアルとなっています。

画像のようなゲームの作り方を販売しています。色々と応用できるチュートリアルとなっています。ぜひ、作ってみてください。

詳細
>>【Unity3Dサンプルゲーム・チュートリアル】「フリスビーを犬に届けよ!」の概要

>>noteでこのチュートリアルを見る

【RT・フォローであなたのスキルが上がる】

シェアフォローする

さぎのみやのモチベが上がる

コンテンツの質が上がる

あなたの能力も上がる

あなたの
Twitterでのシェア

であなたの能力が上がります。

>>さぎのみやのツイッター(@saginomiya8)

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください