「Unishar-ユニシャー」について

「Unishar-ユニシャー」のコンセプト

コンセプトは「Unityでのゲーム開発を手助けする」だ。

ゲーム開発をしたいと思ったときにネット上にわかりやすい情報が少ないということに気ががつき、それをどうにかしたい。そんな単純な理由から「Unishar-ユニシャー」を始まった。

Unityでのゲーム開発を手助けする情報をわかりやすいお伝えすること、また読者の人を裏切らないようにし、信頼されるメディアになることをこころがけている。

ゴミみたいな一ミリも信用できないサイトが世の中に多すぎる。その中で唯一の信頼できるサイトが「Unishar-ユニシャー」であると思われたい。

最終的にゲーム開発を通じてあなたのやりたいことを実現してほしいと考えている。面白いゲームを作るでも、収入を得るでも、有名ゲームに携わるでも、世界を感動させるゲームを作るでも構わない。

あなたのやりたいことを実現するために「Unishar-ユニシャー」は「Unityでのゲーム開発を手助けする」というコンセプトで存在している。

ゲーム開発をする以上、「Unishar-ユニシャー」とは深いお付き合いにあるだろう。末永くお付き合いしていきたいと考えている。

「Unishar-ユニシャー」の由来

「Unityでのゲーム開発を手助けする」というコンセプトから「Unishar-ユニシャー」というメディア名をつけた。

Unityでのゲーム開発を手助けする

Unityでのゲーム開発を分担(情報をUnisharが担当)する

Unity(ユニティ)+Share(シェア)

ユニシェア

ユニシャー

このようにUnityとShareを組み合わせて生まれたサービス名だ。ユニシェアだと言いにくいのから、最終的にユニシャーとした。自分では良い名前だと思っている。

Unityは手段でしかない

これは断言するが

Unityは手段でしかない。

Unityを使ってなにがしたいか?

これを考えてUnityを使っていかないと、手段が目的化してしまう。

感動するゲームを作りたいなら、ゲームを作らないといけないわけだ。とても当たり前なことをいっているが、Unityのことばかり勉強してしまい、いつまでもゲームが完成しないというケースがよくある。

ゲームで収入が得たいなら、広告を貼ってゲーム公開する必要がある。ゲームを公開しないと話にならない。

もう一度いう、Unityは手段でしかない。

もちろん、ある程度Unityのことを知らないと、ゲーム開発ができないことがわかっている。そのため「Unishar-ユニシャー」では、効率的にUnityのことが学べる記事を投稿している。

お問い合わせいただくのは嬉しい、ただ…

自分は個人サイトと「Unishar-ユニシャー」を運営している。
これらは

ボランティアで運営していない。

「無料で教えてください」といわれてもできない。また無料で教えてくれという人はほとんど伸びない、使えない、つまらない、将来性がない。

お金が払える、相手の立場になって物事を考えられる人と一緒に仕事がしたい。そのような人はお問い合わせください。

お互い幸せになれる仕事をしましょう。

>>お問い合わせ

お仕事等

>>提供サービス・コンテンツ

>>ライティング
>>ゲーム開発・Unity関係
>>純広告・スポンサー
>>その他のお仕事依頼

SNS等

「Unishar-ユニシャー」の各種SNSをフォローしていただきたい。

>>Twitter
>>Youtube
>>LINE@

>>お問い合わせ

運営者情報

運営者について知りたいと思ってくださった人は個人サイトを見ていだだきたい。

>>運営者情報はこちら

【Unity3D】新しいサンプルゲーム(チュートリアル)を作りました!!!
Unity有料サンプルゲーム

「Unityで3Dゲームを本格的に作っていきたい!」という人におすすめのチュートリアルとなっています。

画像のようなゲームの作り方を販売しています。色々と応用できるサンプルゲームとなっています。ぜひ、作ってみてください。

詳細
>>【Unity3Dサンプルゲーム・チュートリアル】「フリスビーを犬に届けよ!」の概要

>>BOOTHでこのチュートリアルを見る