【Unity】Unityで使われるタグ。タグによって処理の変更、スクリプトから検索できる

  • Unityってゲームを作っているときにタグって出てきたけど、いまいちわからない

そんな悩みを解決します。

タグとは「オブジェクトにつけることができる分類名」といった感じです。ただそのタグ名は自分で決めることができます。

「red」タグがついたオブジェクトと接触したときはオブジェクトを破壊して、なんのタグがついていないオブジェクトと接触したときはなにもしないようにしたりです。

タグによって、オブジェクトの処理を変更することができます。さらにスクリプトで特定のタグがついたオブジェクトを検索できます。

目次

Unityで使われるタグ。タグによってどのような処理を行うか決められる

タグを利用したUnityの例

  • オブジェクトにつけられる「分類名」のようなもの
  • 「分類名」は自分で決めることができる
  • タグによって処理を変更できる
  • タグがついたオブジェクトを検索できる

Unityでのタグについては上のことを知っておけば良いOKです。オブジェクトにつけられ、スクリプトで制御もできます。

タグをつける

Unityでタグをつける

【オブジェクト選択】→【Inspector】→【タグ】→
【Untagged】→【好きなタグを選択】

このようにしてタグをつけられます。

 

新規でタグを作成してオブジェクトにつける

Unityで新規でタグを作成してオブジェクトにつける

【オブジェクト選択】→【Inspector】→【タグ】→【Untagged】
→【Add Tag…】→【+】→【名前をつける】→【Save】

【オブジェクト選択】→【Inspector】→【タグ】→
【Untagged】→【好きなタグを選択】

新規作成してその後にオブジェクトをもう一度選択して、タグをつけることが必要です。

 

タグを利用した例

タグを利用したUnityの例

【赤い四角形にはredタグがついている】

【爆弾にはタグなし】

タグをつけてOnCollisionEnter2Dを使う

タグがないオブジェクトと接触してもないも起こらないのに対し、「red」タグがついたオブジェクトと接触したときにメッセージが表示されるようにしてます。 

実際にGifのようなオブジェクトの処理をしたい場合は【Unity】当たり判定【Collision】モードの設定方法、メソッドの使い方をご覧ください。

あわせて読みたい
【Unity】当たり判定【Collision】モードの設定方法、メソッドの使い方 UnityでのCollisionモードを使った当たり判定の使い方を知りたい その悩みを解決します。 この記事では Collisionモードの説明 Collisionモードを使う条件 Collision系...

 

タグをスクリプトで検索

GameObject.FindWithTag("タグ名");

これでスクリプト上でそのタグ名がついたオブジェクトを検索することができます。

 

まとめ

  • オブジェクトにつけられる「分類名」のようなもの
  • 「分類名」は自分で決めることができる
  • タグによって処理を変更できる
  • タグがついたオブジェクトを検索できる

基本的にタグによってオブジェクトの処理を変更できるのと、タグによってオブジェクトを検索できることができます。

以上、Unityで使われるタグの説明でした。

あわせて読みたい
【Unity2D&3Dサンプルゲーム】動画よりわかりやすく記事でゲームを作ろう【チュートリアル】 ▼この記事を先に見ておきましょう▼ https://miyagame.net/basis-cs/ 当サイトではUnityでのサンプルゲームを作成することができます。Unityでゲームを作っていきましょ...
あわせて読みたい
【ゼロから】Unityでの当たり判定を理解するときに見るべき6記事 ~あとで追記します~ Unityでのゲーム開発をするときによく当たり判定を使います。 その当たり判定を理解するための記事をまとめました。まあ自分が書いた記事なのです...

参考になる記事

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる