Warning: include(/home/momokogumi/unity-code.com/public_html/wp-content/plugins/wp-super-cache/wp-cache-base.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/momokogumi/miyagame.net/public_html/wp-content/plugins/wp-super-cache/wp-cache.php on line 92

Warning: include(): Failed opening '/home/momokogumi/unity-code.com/public_html/wp-content/plugins/wp-super-cache/wp-cache-base.php' for inclusion (include_path='.:/opt/php-7.2.6/data/pear') in /home/momokogumi/miyagame.net/public_html/wp-content/plugins/wp-super-cache/wp-cache.php on line 92

Warning: include_once(/home/momokogumi/unity-code.com/public_html/wp-content/plugins/wp-super-cache/ossdl-cdn.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/momokogumi/miyagame.net/public_html/wp-content/plugins/wp-super-cache/wp-cache.php on line 116

Warning: include_once(): Failed opening '/home/momokogumi/unity-code.com/public_html/wp-content/plugins/wp-super-cache/ossdl-cdn.php' for inclusion (include_path='.:/opt/php-7.2.6/data/pear') in /home/momokogumi/miyagame.net/public_html/wp-content/plugins/wp-super-cache/wp-cache.php on line 116
【Sourcetree】Unityで作成したゲームをGitでバージョン管理する流れ|Unishar-ユニシャー
基本知識

【Sourcetree】Unityで作成したゲームをGitでバージョン管理する流れ

SourcetreeでUnityのゲームを管理
  • Unityのデータがなくなったときのためにバージョン管理したい!

という悩みを解決します。

無料で使える「Sourcetree」を利用して、バージョン管理を行っていきます。

【Sourcetree】Unityで作成したゲームをGitでバージョン管理する流れ

  • Sourcetreeを導入
  • Unityの設定を確認
  • Sourcetreeの設定を行う
  • 特定のファイルを除外する

Sourcetreeを導入

>>Sourcetree公式サイト

↑のサイトにいき、Sourcetreeを導入してください。

Unityの設定を行う

「Version Control」を「Visible Meta Files」にする

【Unity】「Version Control」を「Visible Meta Files」にする

【Edit】→【Project Settings】→【Editor】

 

「Version Control」を「Visible Meta Files」にする

【Version Control】→【Mode】→【Visible Meta Filesに設定】

【Visible Meta Files】に設定します。ここの状態でもう1つ設定するところがありますので、このまま下におすすみください。

 

「Asset Serialization」を「Force Text」にする

「Asset Serialization」を「Force Text」にする

【Asset Serialization】→【Mode】→【Force Textに設定】

【Force Textに設定】してください。

 

Sourcetreeの設定を行う

既存のローカルリポジトリを追加

Sourcetreeで既存のリポジトリを追加する

【Sourcetreeを起動】→【新規…】→【ローカルリポジトリを追加】

 

Gitで管理したいプロジェクトを追加

【Gitで管理したいプロジェクトを選択】→【開く】

 

既存のリポジトリを作成する

【作成】

 

Gitをダブルクリックする

【いま作ったものをダブルクリック】

いま作ったものをダブルクリックしてください。

 

特定のファイルを除外する

【Unity】Sourcetreeでいらないファイルを除外する

【設定】

 

リポジトリ限定無視リストを設定する

【高度な設定】→【リポジトリ限定無視リスト】→【編集】

 

限定無視リストに追記する

Unityでコミットすべきファイルを除外する
/[Ll]ibrary/
/[Tt]emp/
/[Oo]bj/
/[Bb]uild/
/[Bb]uilds/
/Assets/AssetStoreTools*

# Autogenerated VS/MD solution and project files
ExportedObj/
*.csproj
*.unityproj
*.sln
*.suo
*.tmp
*.user
*.userprefs
*.pidb
*.booproj
*.svd

# Unity3D generated meta files
*.pidb.meta

# Unity3D Generated File On Crash Reports
sysinfo.txt

# Builds
*.apk
*.unitypackage

【上のスクリプトを追記】→【戻るときはそのまま左上の×を押せば良いです】

これでコミットすべきファイルが減ります。

コミットすべきファイルの数が減ったことを確認する

コミットすべきファイルの数が減ったことを確認する

【コミットすべきファイルが数が減ったことが確認する】

やらなくてもいいですが、しっかり不要なファイルが除外したことを確認しておきます。

あとは自由に管理する

Sourcetreeで管理する

あとはご自由に使ってください。

まとめ

  • Sourcetreeを導入
  • Unityの設定を確認
  • Sourcetreeの設定を行う
  • 特定のファイルを除外する

このようにしてSourcetreeを利用して、バージョン管理することできます。以上、Unityで作成したゲームをGitでバージョン管理する流れでした。

次の【完全図解】4分で完了!SourcetreeとGitHubを連携する方法【Unity】を次にご覧ください。

【完全図解】4分で完了!SourcetreeとGitHubを連携する方法【Unity】「SourcetreeとGitHubの連携を行いたい!」という悩みを解決します。この【Sourcetree】Unityで作成したゲームをGitでバージョン管理する流れのあとに読むと、理解しやすい記事となっています。とりあえずここまで完了させておいてください。...

参考記事

 

ABOUT ME
さぎのみや
さぎのみや
Unityでのゲーム開発を手助けするメディア「Unishar-ユニシャー」運営者。UnityとBlenderを使っています。シェアお願いします。→Amazonほしいものリスト
Unityでゲーム開発をするなら!

Unityとは?から基本操作まで学べる

>>ゼロから始めるUnity

プログラミングとは?C#の基本まで学べる

>>ゼロから始めるC#

実際にUnityでゲームを作る

>>サンプルゲーム一覧

ボタンを押すとその記事にいきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください