Unityでオブジェクト(立方体)の移動・角度・大きさが一気に操作できるツールとショートカットの覚え方【基本知識】

前回のUnityでオブジェクト(立方体)の移動・角度・大きさを変更はどうでした。なんとなくわかっていただけましたでしょうか。

今回は移動・回転・大きさが一気に操作できるツールとショートカットの覚え方をお伝えします。

目次

Rect(レクト)ツール

Rect(レクト)ツールを操作

Rect(レクト)ツールを選択することでX軸やY軸、Z軸方向にオブジェクトの位置・角度・大きさを変更させることができます。

 

Rect(レクト)ツールは「T」キーを押すことでも選択できます。こちらのほうが効率がいいので、覚えてしまいましょ。

端か角をクリックして、ドラッグすれば大きさを変更できます。マウスカーソルを角から離せして、回転マークがでたらオブジェクトを回転させることもできます。

主に2Dのゲームの素材やUI(ボタンとかテキスト)の位置・角度・大きさを変更するときに使います。

位置・角度・大きさを変更できるツール

位置・角度・大きさを変更する

全部できるやつって名前をつけますね。これを選択することでX軸やY軸、Z軸方向にオブジェクトの位置・角度・大きさを変更させることができます。

 

「Y」キーを押すことでも選択できます。こちらのほうが効率がいいので、覚えてしまいましょ。

ショートカットキーの覚え方

ショートカッキーの覚え方

「E」やら「T」やら様々なショートカットが出てきましたが、覚え方があります。

もう気づいているかたもいるかもしれませんが、単純に「Q~Y」と全部横とつながっています。

バラバラは「D」とか「L」のような場所でなく、全部つながっています。ちょっとうまく伝えられなかったですね。

「Q」が左端で「Y」が右端ということだけわかれば、あとはその間のキーを押せば良いということです。

まとめ

  • 位置・角度・大きさを変更できるツールがある
  • 「Q」が左端で「Y」が右端、あとはその間を押せば変形することができる

では次のComponent(コンポーネント)の話にいきましょう。

あわせて読みたい
UnityでのComponent(コンポーネント)とは?重力をつけてみる【基礎知識】 前回のUnityでオブジェクト(立方体)の移動・角度・大きさが一気に操作できるツールとショートカットの覚え方はどうでしたか。 そこまで難しくはなかったと思います(・...
移動・角度・大きさ全部を変更できる

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる