ゲーム開発・Unityの知識

Unityを利用する上での7メリット・2デメリットをご紹介

Unityメリット・デメリット
  • Unityを使う上でのメリットを知りたい

という悩みを解決します。

●Unityを使う上でのメリット

  • 様々なプラットフォーム対応
  • 専門知識が少なくてもゲームが作れる
  • 値段が安い
  • 2D、3Dに対応
  • 膨大な情報量
  • Asset Storeが異常に便利
  • 他のツールとの相性が良さげ

●Unityを使う上でのデメリット

  • アプリ起動が遅い
  • Unityエディタが英語

まあUnityは便利ですよ。

深く掘り下げていきましょ。

Unityのメリット

様々なプラットフォーム対応

1つのゲームを作れば、WindowsやらAndroidなど様々なプラットホームで動かすことができます。

●対応プラットフォーム

PC 
→windows MacOS Linux

VR/AR
→Oculus Rift/Gear VR/Playstation VR/Microsoft HoloLens/Steam VR/Vive/Google Daydream

モバイル
→Android/iOS/Windows Phone/Tizen/Fire OS

ゲーム機 
→PS4 PSVITA Xbox Switch 3DS

その他
→WebGL

すごくないですか。まだまだ増えると思います。

専門知識が少なくてもゲームが作れる

ゲーム開発には様々な専門知識が必要となります。

  • 企画
  • サウンド
  • プログラミング(スクリプト)
  • プラフィックス
  • エフェクト
  • 素材
  • 数学
  • 3DCG

その専門知識がなくてもUnityでゲーム開発ができるように、サポートしてくれます。

値段が安い

年商10万ドル以下であれば無料でUnityを使えます。正直これだけの機能がついて無料って素晴らしいです。

詳しくはこんな感じです。

ライセンス月額条件
Personal無料年商$100,000以下
Plus4200円年商$100,000以上$200,000以下
Pro15000円年商$200,000以上
Unityのライセンス
Unityは無料なの?有料なの?知っておきたいライセンスの話【Unity】Unityって有料なの?Unityにもいくつかの種類があるってきいたんだけど?という悩みを解決します。 結論として年商10万ドル以下の場合は無料でUnityを使う場合は無料です。また【Personal】版以外にも【Plus】【Pro】版があります。...

2D、3Dに対応

2Dも3Dのゲームも開発できます。

膨大な情報量

世界中にUnityを利用している開発者が400万人以上います。そのためUnityに関する情報が多数あります。

どうしても英語の情報が多くなりますが、日本語で書かれた情報も当然あります。ツイッターでもUnityに関する情報をツイートする人も多いです。

情報が多いことで作りたいゲームのヒントを得たり、エラーが出たときも検索すればでるようになります。

自分もこんな感じのツイートをしているのでフォローしてね。

Asset Storeが異常に便利

ゲーム作るのに必要な素材をダウンロードできるAsset Store(アセットストア)があります。

膨大な素材があるので自分はデパートといっています。そのAsset Storeを使うことでクオリティが高いゲームを個人でも作れるようになります。

またAsset Storeで販売することもできます。

>>Asset Store(アセットストア)とはUnityの素材が手に入るデパート。使い方も紹介

Asset Storeってなに?
Asset Store(アセットストア)とはUnityの素材が手に入るデパート。使い方も紹介【Unity】Asset Storeのライセンスってっややこしい。いまいち何に利用するかわからないということはありませんか?Asset Storeは素材をインポートできるデパートです。使い方なども説明します。...

他のツールとの相性が良さげ

Blenderは3DCGソフトです。

Blenderなどのツール相性が良いのでBlenderで作った作品をUnityに取り込むということを簡単にできます。

Unityのデメリット

アプリ起動が遅い

Unityで作られたゲームは起動が遅いといわれています。多少は緩和する方法もありますが、遅いです。

Unityエディタが英語

簡単な英単語が多いのでそこまで困りませんが、Unityエディタが英語です。簡単な英単語が多いので、そこまで問題ないです。

まとめ

●Unityを使う上でのメリット

  • 様々なプラットフォーム対応
  • 専門知識が少なくてもゲームが作れる
  • 値段が安い
  • 2D、3Dに対応
  • 膨大な情報量
  • Asset Storeが異常に便利
  • 他のツールとの相性が良さげ

●Unityを使う上でのデメリット

  • アプリ起動が遅い
  • Unityエディタが英語

以上さぎのみや(@saginomiya8)でした。明日からも一生無双でやったりましょう。

ABOUT ME
さぎのみや
さぎのみや
超書手。現在はUnityメディア「ユニシャー」の運営とゲーム開発がメインです。Unity、ライティング関係のお仕事お待ちしております。 >>詳しいプロフィール >>Amazonほしいものリスト
【Unity3D】新しいサンプルゲーム(チュートリアル)を作りました!!!
Unity有料サンプルゲーム

「Unityで3Dゲームを本格的に作っていきたい!」という人におすすめのチュートリアルとなっています。

画像のようなゲームの作り方を販売しています。色々と応用できるチュートリアルとなっています。ぜひ、作ってみてください。

詳細
>>【Unity3Dサンプルゲーム・チュートリアル】「フリスビーを犬に届けよ!」の概要

>>noteでこのチュートリアルを見る

【RT・フォローであなたのスキルが上がる】

シェアフォローする

さぎのみやのモチベが上がる

コンテンツの質が上がる

あなたの能力も上がる

あなたの
Twitterでのシェア

であなたの能力が上がります。

>>さぎのみやのツイッター(@saginomiya8)

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください