基本知識

【Unity&C#】int型(整数型)とfloat(小数型)、変数に変数を代入【基本知識】

C#のint型とfloat型の説明

前回は変数・型の説明と変数を利用したスクリプトで「string型」についてやりました。

今回は「int型」「float型」についてです。前回わからなかったかたもわかるようになります。

前回書いた部分をけして、実際にかいていってください。

int型(整数型)を利用したスクリプト

Test

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class Test : MonoBehaviour
{

         // Use this for initialization
         void Start()
         {
          int age;                    // 変数宣言
          age = 20;                 // 変数に代入
          Debug.Log(age);      // Consoleに表示
          }

        // Update is called once per frame
        void Update()
         {

         }
}

変数の宣言型名 変数名;
変数の代入方法変数名 = 代入する値;

変数を利用には宣言と代入が必要でしたよね。そのやり方は上の通りです。

「int型(整数型)」の「age」という名前の変数を使います!と宣言して、整数である「20」を代入しています。

スクリプトを書いて実行してみてください。Consoleウィンドウに「20」と出るはずです。

もちろん変数宣言と代入を一文でやっても良い

Test

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class Test : MonoBehaviour
{

         // Use this for initialization
         void Start()
         {
          int age = 20;            // 変数宣言と代入
          Debug.Log(age);       // Consoleに表示
          }

        // Update is called once per frame
        void Update()
         {

         }
}

変数宣言と代入型 変数名 = 代入する値;

こちらは変数宣言と代入を一文でやっていますね。

「int型(整数型)」で「age」という名前の変数を宣言して、「20」をいれています。

こちらもスクリプトを書いて実行してみてください。Consoleウィンドウに「20」と出るはずです。

float型(小数型)を利用したスクリプト

Test

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class Test : MonoBehaviour
{

         // Use this for initialization
         void Start()
         {
          float weight;               // 変数宣言
          weight = 56.9f;          // 変数代入
          Debug.Log(weight);    // Consoleに表示
          }

        // Update is called once per frame
        void Update()
         {

         }
}

変数の宣言型名 変数名;
変数の代入方法変数名 = 代入する値;
float型に代入するとき代入する値のうしろに「f」をつける

変数を利用には宣言と代入が必要でしたよね。そのやり方は上の通りです。

「float型(整数型)」の「weight」という名前の変数を使います!と宣言して、整数である「56.9」を代入しています。

ただ
「float型(小数型)」に小数を代入するときは、必ず数値の後ろに「f」をつけてください。

スクリプトを書いて実行してみてください。Consoleウィンドウに「56.9」と出るはずです。

もちろん変数宣言と代入を一文でやっても良い

Test

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class Test : MonoBehaviour
{

         // Use this for initialization
         void Start()
         {
          float weight = 56.9f;            // 変数宣言と代入
          Debug.Log(weight);             // Consoleに表示
          }

        // Update is called once per frame
        void Update()
         {

         }
}

変数宣言と代入型 変数名 = 代入する値;
float型に代入するとき代入する値のうしろに「f」をつける

こちらは変数宣言と代入を一文でやっていますね。

「float型(整数型)」で「weight」という名前の変数を宣言して、「56.9」をいれています。

もう一度大事なのでいいますね。
「float型(小数型)」に小数を代入するときは、必ず数値の後ろに「f」
をつけます。

こちらもスクリプトを書いて実行してみてください。Consoleウィンドウに「56.9」と出るはずです。

変数に変数を代入

Test

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class Test : MonoBehaviour
{

         // Use this for initialization
         void Start()
         {
          int age1 = 20;            // 変数宣言と代入
          int age2;                    // 変数宣言

          age2 = age1;              // 変数に変数を代入
          Debug.Log(age2);        // Consoleに表示
          }

        // Update is called once per frame
        void Update()
         {

         }
}

変数の宣言型名 変数名;
変数の代入方法変数名 = 代入する値;
変数宣言と代入型 変数名 = 代入する値;

このスクリプトを実行するとどうなると思いますか。

ひっかかるのは「age2 = age1;」この部分だと思います。

ヒントはプログラミングでの「=」は左辺に右辺を代入するということです。

つまり「age2」に「age1」を代入しているということです。この場合「age1」は「20」なので、「age2」に「20」を代入していることになります。

Consoleに表示されるは「20」です。あなたも実行してみてください。

まとめ

  • float型に小数を代入するときは、値の最後に「f」をつける
  • プログラミングでの「=」は左辺に右辺を代入するという意味
変数の宣言型名 変数名;
変数の代入方法変数名 = 代入する値;
変数宣言と代入型 変数名 = 代入する値;

次は変数を使った計算にいきます。

算術演算子と変数を使った計算
【Unity&C#】算術演算子と変数を使った計算【基本知識】【Unity&C#】算術演算子と変数と算術演算子を使って、スクリプトを書きます。インクリメントとデクリメント演算子とちょっと便利な演算子を使って計算もちょっとします。...
ABOUT ME
さぎのみや
さぎのみや
超書手。現在はUnityメディア「ユニシャー」の運営とゲーム開発がメインです。Unity、ライティング関係のお仕事お待ちしております。 >>詳しいプロフィール >>Amazonほしいものリスト
【Unity3D】新しいサンプルゲーム(チュートリアル)を作りました!!!
Unity有料サンプルゲーム

「Unityで3Dゲームを本格的に作っていきたい!」という人におすすめのチュートリアルとなっています。

画像のようなゲームの作り方を販売しています。色々と応用できるチュートリアルとなっています。ぜひ、作ってみてください。

詳細
>>【Unity3Dサンプルゲーム・チュートリアル】「フリスビーを犬に届けよ!」の概要

>>noteでこのチュートリアルを見る

【RT・フォローであなたのスキルが上がる】

シェアフォローする

さぎのみやのモチベが上がる

コンテンツの質が上がる

あなたの能力も上がる

あなたの
Twitterでのシェア

であなたの能力が上がります。

>>さぎのみやのツイッター(@saginomiya8)

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください