【Unity&C#】文字列の連結と数値と文字列の連結しよ【基本知識】

前回の算術演算子と変数を使った計算はどうでしたか。今回は文字列の連結をさせていただきます。

今回は非常に簡単ですので、楽にすすめてください。

目次

C#で文字列を結合する

Test

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class Test : MonoBehaviour
{

         // Use this for initialization
         void Start()
         {
           string myoji = "さぎの ";       // 変数宣言と代入
           string namae = "みや";         // 変数宣言と代入
           string name;                       // 変数宣言

           name = myoji + namae;       // 文字列の連結
           Debug.Log(name);               // Console表示
          }

        // Update is called once per frame
        void Update()
         {

         }
}

文字列を連結させる

この結果になります。自分でスクリプトを書いて、実行してみてください。

string(文字列型)は文字列を代入できる型です。その型の1つに「さぎの 」もう1つに「みや」が格納されています。

「さぎの 」と「みや」を「+」で連結させて、「さぎの みや」と表示させています。

文字列と数値の連結

Test

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class Test : MonoBehaviour
{

         // Use this for initialization
         void Start()
         {
           string name = "さぎのみや ";            // 変数宣言と代入
           int birth = 1224;                            // 変数宣言と代入
           string answer = name + birth;         // 文字列と数値を連結

           Debug.Log(answer);                      // Consoleに表示
          }

        // Update is called once per frame
        void Update()
         {

         }
}

C#で文字列と数値を連結する

この結果になります。あなたも実行してみてほしいです。

文字列と数値を連結させると、
数値は「""」をつけていなくても「文字列」

として扱われます。

そのため「文字列」+「数値」は、「文字列」+「文字列」として扱われます。「1224」という文字列です。

まとめ

  • 文字列と文字列の連結も可能
  • 文字列と数値を連結させると、数値も文字列扱い

では次の何度も繰り返すfor文の説明・使い方にいきましょう。

あわせて読みたい
【Unity&C#】何度も繰り返すfor文の説明・使い方【基本知識】 前回の文字列の連結と数値と文字列の連結しよはどうでしたか。同じ処理を何度もくりかえす「for」文を使っていきます。【「for」文は何度も処理をくりかえす】例えばCon...
C#での文字列の連結と数値との連結

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる