【初心者向け】Zipフォルダを解凍してプロジェクトをUnityで開く方法【完全図解】

Zipフォルダを解凍しそのプロジェクトをUnityで開いていく。動作はMacで行っている。

目次

Zipフォルダを解凍してUnityで開く

Zipフォルダをダブルクリックして解凍

Zipフォルダをダブルクリックして解凍

【Zipフォルダをダブルクリック】

人によってはZipフォルダが残る。

Unity Hubを開く

Unity Hubを開く

【Unity Hubを開く】

Unity Hubじゃなくてもできるが、複数のバージョンを簡単に管理できるため使ったほうが良い。本当におすすめする。

この際に一個一個のバージョンをインストールするのではなく、Unity Hubに変更しよ。

あわせて読みたい
複数のバージョンを管理できる【Unity Hub】の説明・ダウンロード方法と使い方
複数のバージョンを管理できる【Unity Hub】の説明・ダウンロード方法と使い方UnityHubってなに?ダウンロード方法と使い方も説明してほしいということを解決します。UnityHubを使えばUnityでのゲーム開発を効率的に行うことができます。作業自体は...

開く

Unity Hubを開く

【開く】

開きたいプロジェクトフォルダを選択

開きたいプロジェクトフォルダを選択

【フォルダ選択】→【開く】

バージョン選択→Open

Unity Hubでプロジェクトウィンドウを開く

【バージョン選択】→【Open】

これでZipを解凍してプロジェクトを開けた

これでZipを解凍してプロジェクトを開けた

【プロジェクトが開けた】

Projectウィンドウに入っているデータは異なると思う。

補足:シーンが選択されていないので、シーンを選択しよう

シーンが選択されていないので、シーンを選択しよう

こんな感じでシーンが選択されていない。シーンを選択する。

Unityでシーンを切り替える

【こんな感じのアイコンをダブルクリック】

これでシーンを切り替えることができる。

まとめ

  • Zipフォルダをダブルクリックして解凍
  • Unity Hubを開く
  • 開く
  • 開きたいプロジェクトフォルダを選択
  • バージョン選択→Open

Zipフォルダを解凍してプロジェクトを開けるようになった。Zip形式でなにかとダウンロードする機会が多いので、ぜひ活用していただきたい。

またGitHubからZip形式でダウンロードできるが、そのフォルダの中に画像ファイルが入ってないことがある。

あわせて読みたい
【Unity】GitHubからダウンロードしたデータに画像データ(png等)がないときの対処法
【Unity】GitHubからダウンロードしたデータに画像データ(png等)がないときの対処法 Githubからデータをダウンロードしたのに Unityで開いても画像データがない!という悩みを解決します。結論としてGithub Desktopを利用すると画像ファイルやZipでは...

Githubにあげてあるプロジェクトを自分も活用したいのならGitHubにあるリモートリポジトリをURLを利用してクローンをつくる【Sourcetree】を使ってみてほしい。

あわせて読みたい
GitHubにあるリモートリポジトリをURLを利用してクローンをつくる【Sourcetree】
GitHubにあるリモートリポジトリをURLを利用してクローンをつくる【Sourcetree】 GitHubにあるリモートリポジトリをURLを利用してクローンを作りたい!その悩みを解決します。この記事でGitHub上にあるプロジェクトを自分のPCで開けるようになります...
Zipフォルダを解凍してプロジェクトをUnityで開く方法

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる