基本知識

【Unity&C#】配列の説明と使い方【基本知識】

C#の配列の説明と使い方

if・if-else文の説明と使い方はどうでしたか。if文の使い方に慣れるとともに、変数の使い方に慣れてきたと思います。

ただ「もし変数が大量に必要になったらどうしますか?」

変数が大量に必要になったら、変数の宣言を何十回、何百回必要になります。そんなに宣言していたら、夕暮れになってしまいます。

今回はそれを解消できる「配列」を説明していきます。

【C#】配列は変数が横に連続してつながっている

C#で配列が作成する方法

変数を箱に置き換えて説明していきます。

箱に数字が文字列を格納することができましたよね。でもいくつもの箱が必要になった場合、いくつも必要になった場合大変です。

そこで使えるのが配列です。

配列は箱が横につながっているようなものです。箱と同じであとで呼び出したりすることもできます。

配列では箱に入れる値を【要素】、箱の総数を【要素数】といいます。

【C#】配列の使い方

●配列作成のやり方

型名[] 変数名 = new 型名[要素数];

●配列を初期化する

型名[] 変数名 = {要素,要素,要素,要素,要素};

とりあえず使ってみればわかるので、あとで見返してください。

【C#】配列を使ってみる

Test

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class Test : MonoBehaviour
{

         // Use this for initialization
         void Start()
         { 
             int[] points = new int[[4]];     // 配列を作成する

             points[0] = 2;
             points[1] = 4;
             points[2] = 6;
             points[3] = 8;

             Debug.Log(points[0]);
             Debug.Log(points[1]);
             Debug.Log(points[2]);
             Debug.Log(points[3]);
          }

        // Update is called once per frame
        void Update()
         {

         }
}

型名[] 変数名 = new 型名[要素数];配列を作成する

上のスクリプトを実行してみてください。「2,4,6,8」が表示されます。

「int[] points = new int[4];」

これで箱が4つできます。「0」「1」「2」「3」の4つの箱ができます。「1」から箱ができるわけではないので、注意。

【C#】配列を初期化する

Test

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class Test : MonoBehaviour
{

         // Use this for initialization
         void Start()
         { 
             int[] points = { 10, 11, 12, 13 };

            Debug.Log(points[0]);
            Debug.Log(points[1]);
            Debug.Log(points[2]);
            Debug.Log(points[3]);
          }

        // Update is called once per frame
        void Update()
         {

         }
}

型名[] 変数名 = {要素,要素,要素,要素,要素};配列を初期化する

上のスクリプトを実行してみてください。「10,11,12,13」が表示されます。

いちいち配列に要素を代入するのが面倒です。そこで上のようにして、配列を入れることができます。

【C#】要素数を表示する

Test

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class Test : MonoBehaviour
{

         // Use this for initialization
         void Start()
         {
            int[] points = { 98, 78, 23, 79 };    // 配列作成

            Debug.Log(points.Length);             // 要素数を表示
          }

        // Update is called once per frame
        void Update()
         {

         }
}

変数名.Length配列数

Consoleに「4」と表示されます。

「変数名.Lenght」で配列数、つまり箱の数を表すことができます。平均やら合計を求めるのに使えます。

まとめ

  • 配列とは変数が横一列につながったもの
  • 変数と同じで数値や文字列を格納できる
  • 箱に入れる値を【要素】、箱の総数を【要素数】
  • 「0」番目から変数ができる

では次のメソッドの説明と使い方にいきましょう。

C#でのメソッドの説明と作り方
【Unity&C#】メソッドの説明と使い方【基本知識】【Unity&C#】メソッドの説明と使い方をお伝えします。まずメソッドは処理をまとめたものです。メソッドがあることでスクリプトが見やすくなり、いつでも必要な処理を呼ぶことができます。...
ABOUT ME
さぎのみや
さぎのみや
超書手。現在はUnityメディア「ユニシャー」の運営とゲーム開発がメインです。Unity、ライティング関係のお仕事お待ちしております。 >>詳しいプロフィール >>Amazonほしいものリスト
【Unity3D】新しいサンプルゲーム(チュートリアル)を作りました!!!
Unity有料サンプルゲーム

「Unityで3Dゲームを本格的に作っていきたい!」という人におすすめのチュートリアルとなっています。

画像のようなゲームの作り方を販売しています。色々と応用できるチュートリアルとなっています。ぜひ、作ってみてください。

詳細
>>【Unity3Dサンプルゲーム・チュートリアル】「フリスビーを犬に届けよ!」の概要

>>noteでこのチュートリアルを見る

【RT・フォローであなたのスキルが上がる】

シェアフォローする

さぎのみやのモチベが上がる

コンテンツの質が上がる

あなたの能力も上がる

あなたの
Twitterでのシェア

であなたの能力が上がります。

>>さぎのみやのツイッター(@saginomiya8)

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください