【Unity2D】アニメーションを作って、再生してみよう

以前の【Unity2D】2分でわかる!アニメーションの説明・知っておくべき4つのことの続きです。

実際にアニメーションを作って、作成していきます。

レイアウトは【2 by 3】です。見にくい方は【Unity】効率アップ!レイアウト(Layout)を変更してできる5個の開発画面で【2 by 3】に変更してください

目次

素材を集める

アニメーションに使うスプライト

素材の集め方はさまざまあります。今回はぴぽや倉庫の炎の画像を使わせていただきます。右クリック→保存でダウンロードしてください。

横につながっていますが、切り分けるので安心してください。

関連記事

【まとめ】ゲーム開発で使えるフリー素材<キャラクター・モンスター編

Projectウィンドウに素材を追加する

Projectウィンドウに素材を追加

【さっきダウンロードした素材をProjectウィンドウにドラッグ&ドロップする】

これで先ほどの素材をUnityで使うようにできました。ちなみにこの時点でスプライトと呼ばれる素材データに変わります。

スプライトを切り分ける

あわせて読みたい
Unityでスプライト(画像が1つまとめてあるやつ)を切り分ける方法 ゲーム開発で使えそうな素材を探しているときに、上のように様々な画像が1つにまとめてある画像に遭遇することがよくあります。このような画像をUnityエディタ上で切り...

スプライトがつながっている場合は行ってください。今回は横につながっているので、切り分ける必要があります。

スプライトを切り分けた後

このように切り分けられていればOKです。

【Fire-Animation-min_0】をSceneビューに設置する

Sceneビューに設置する

【Fire-Animation-min_0をSceneビューにドラッグ&ドロップ】

いままのままではとても小さいですね。大きさを変更します。

大きさを調整する

スプライトの大きさを調節する

【Fire-Animation-min_0選択】→【Inspector】→【Transform】→【Scaleを上のようにする】

Animation Clipを作成する

以前の記事【Unity2D】2分でわかる!アニメーションの説明・知っておくべき4つのことで「Animation Clip」「Animator Controller」「Animator Component」って用語が出てきましたが、実際は「Animation Clip」を作成するだけで、ほとんどの要素は完成です。

●Animation Clipを作成すると

  • Animation Clipが作成される
  • Animator Controllerが作成される
  • Animator ComponentにAnimator Controllerがセットされる
  • アニメーションさせたいオブジェクトにAnimator Componentがアタッチされる

「Animation Clip」を作成するだけで、アニメーションに必要なものが作成されます。ではAnimation Clipを作成していきましょう。

Fire-Animation-min_0を選択してAnimationウィンドウを開く

Animationウィンドウを開く

【Hierarchy】→【Fire-Animation-min_0を選択】→【Window】→【Animation】→【Animation】

アニメーションウィンドウはこんな感じ

こんな感じのものができていればOKです。

【Create】→【Fire】とつけて保存

Animation Clipを作成する

【Animationウィンドウ】→【Create】→【Fireと名前をつけて保存】

これで「Fire」Animation Clipと「Fire」Animator Controllerが作成され、「Fire-Animation-min_0」にAnimator Componentをつけられ、Animator Controllerがセットされています。

次にAnimation Clipの中身を編集していきます。

Animation Clipを編集していく

2Dでのアニメーションは複数枚のスプライトをあわせて、動いているように見せることです。Animation Clipを編集することで「なん秒でなんのスプライトを表示させるか」を設定することができます。

スプライトアニメーションを作る

スプライトアニメーション

【Add Property】→【Sprite Renderer】→【Sprite】→【1秒後のスプライトを削除する】

1秒後のスプライトを削除する理由は、1秒間のアニメーションを作成する理由がないかです。

スプライトを設置する

スプライトを設置する

【Projectウィンドウ】→【好きな時間の部分にスプライトを設置】→【アニメーションを終わらせる時間を選択】→【Add Keyframeをクリック】

ここはセンスです。だんだんと火が激しくなるように設置し、最後に弱くなるようにすると、実際に燃えているようにみえます。

アニメーションを再生してみよう

アニメーションを再生してみよう

【Animationウィンドウの▷で再生できる】

これでアニメーションは完成です。普通にゲームに使ってみてください。

Animator Controllerを使えばいつどのタイピングでAnimation Clipを再生するか設定できる

「Animator Controller」を使えば、ジャンプしたときジャンプのアニメーションを再生するとか、水中にいるときに潜っているアニメーションを再生するとかを指定できます。

ただそれは1つのゲームを通して理解する方が覚えやすいので、他の記事で説明します。

最後に

基本的な流れを知っていれば、あとは応用がききます。アニメーションがあるだけで、ゲームが華やかになりますので、ゲームに使ってみてください。

以上さぎのみや(@saginomiya8)でした。

あわせて読みたい
【Unity2D&3Dサンプルゲーム】動画よりわかりやすく記事でゲームを作ろう【チュートリアル】 ▼この記事を先に見ておきましょう▼https://miyagame.net/basis-cs/当サイトではUnityでのサンプルゲームを作成することができます。Unityでゲームを作っていきましょう...
UnityでAnimationを使う

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる