【Unity3Dサンプルゲーム】障害物ランを作ろう~8~【チュートリアル】

障害物ランを作ろう~7~の続きです。

目次

前提条件

【Unity3Dサンプルゲーム】障害物ランを作ろう~7~まで、やっておいてくださいませ。

今回の流れ

  1. ライトを追加する
  2. 光の強さを調節
  3. 複製する
  4. 名前を変える
  5. 位置を調節する
  6. 作ったライトをまとめて整理する

初めのステージとゴール時点にライトを追加して、明るくしていきます。

 

ライトを追加する

spotlightを設置する

●ライトを追加する

【Hierarchy】→【Create】→【Light】→【Spotlight】

 

光の強さを調節

Spot Light光の強さを変更する

●作ったSpot Lightの明るさ・光の範囲を設定

【作ったSpot Lightを選択】→【Inspector】→【Intensity】→【1→3に変更】

 

複製する

spotlighaをコピーした結果

●複製する

【Spot Lightを選択】→【右クリック】→【Duplicate】

 

名前を変える

spotlight の名前を変更する

●【Spot Light】の名前を変える

【Spot Light選択】→【右クリック】→【Rename】→【StartLight】

●【Spot Light (1)】の名前を変える

【Spot Light (1)選択】→【右クリック】→【Rename】→【GoalLight】

 

【Spot Light】→【StartLight】

【Spot Light (1)】→【GoalLight】

にしていきます。

位置を調節する

【StartLight】位置を調節

startlightの位置を調節する

【StartLight】の位置を調節

【StartLightを選択】→【Inspector】→【Transform】→【上記のように数値を変更】

【GoalLight】位置を調節

goallightの位置を調節する

【GoalLight】の位置を調節

【GoalLightを選択】→【Inspector】→【Transform】→【上記のように数値を変更】

 

作ったライトをまとめて整理する

Lightを空のオブジェクトにまとめる

●Hierarchy上のオブジェクトを整理

【Hierarchy】→【Create】→【Create Empty】→【Rename】→【Lightに変更】→【Transformを右クリック】→【Reset Position】→【LightにDirectional Light、StartLigh、GoalLightをドラッグ&ドロップ】

全体を照らすライトである「Directional Light」もまとめておきますね。Windowsの方は【CTRL+クリック】、MACの方は【Command+クリック】で複数選択できます。

もちろん、1つずつドラッグ&ドロップしてもいけます。

今回の成果物

lightをつけた後の障害物ゲーム

ライトが2つ、つけられていますね。

では次の【Unity3Dサンプルゲーム】障害物ランを作ろう~9~にいきましょう。

あわせて読みたい
【Unity3Dサンプルゲーム】障害物ランを作ろう~9~【チュートリアル】 障害物ランを作ろう~8~の続きです。今回はステージ外に落ちてしまったら、最初の場所に戻る処理を行います。C#でスクリプトを書いていきます。この記事では初プログラ...
Unity3Dサンプルゲーム【障害物ラン】8記事目

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる