▼そのUnityの作業、依頼しませんか?
サンプルゲーム・サンプルプロジェクト・ゲームの作り方・チュートリアル

【Unity2Dサンプルゲーム】爆弾を避けよ!~5~

Unityサンプルゲームの「爆弾を避けよ!」の5

前回の爆弾を避けよ!~4~の続きです。

プレイヤーを制御していくためのスクリプトを作成、記述していきます。

前提条件

サンプルゲームの途中経過

前回のおわりまですすめておいてください。矢印ボタンとプレイヤーを設置したまでです。

この記事の「爆弾を避けよ!」の作成の流れ

  • Projectウィンドウを整理
  • スクリプトを作成
  • スクリプトを開く
  • スクリプトを記述
  • スクリプトをプレイヤーにアタッチ
  • 「RightArrow」を押したときのメソッドを設定
  • 「LeftArrow」を押したときのメソッドを設定

こちらを行っていきます。

Projectウィンドウを整理

UnityでProjectウィンドウを整理

【Projectウィンドウ】→【Create】→【Folder】→【Scriptsと名前をつける】

これからProjectウィンドウがごちゃごちゃしないように、フォルダーを作ります。このフォルダーにスクリプトをいれてきます。

【PlayerController】スクリプトを作成

Unityで【PlayerController】スクリプトを作成

【Projectウィンドウ】→【Scriptsフォルダををダブルクリック】→【Create】→【C#Script】→【名前をPlayerController】

スクリプトを作成しました。【Scripts】フォルダに【PlayerController】スクリプトが入れられます。

【PlayerController】スクリプトを開く

Unityでスクリプトを開く

【PlayerControllerをダブルクリック】

これで開くことができます。

Visual Studioはこんな感じ

Visual Studioのようす

スクリプトを開くとこんな感じになります。背景の色とかなんでも良いです。

他のエディタが開いてしまう場合は、そのエディタでも構いません。エディタを変える場合はスクリプトを開くときのエディタを「Visual Studio」から「MonoDevelop」に変えるをみてね。

【PlayerController】スクリプトを記述

PlayerController.cs

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class PlayerController : MonoBehaviour {

    // Use this for initialization
    void Start () {
       
    }
   
    // Update is called once per frame
    void Update () {
       
    }

    // 右矢印ボタンを押したら移動するメソッド
    public void RightArrowDown()
    {
        transform.Translate(2, 0, 0);
    }

    // 左矢印ボタンを押したら移動するメソッド
    public void LeftArrowDown()
    {
        transform.Translate(-2, 0, 0);
    }
}

 

transform.Translate(A, 0, 0);Aの値だけX軸方向に移動する
 

    // 右矢印ボタンを押したら移動するメソッド
    public void RightArrowDown()
    {
        transform.Translate(2, 0, 0);
    }

【RightArrowDown】メソッドが実行されると、X軸方向に2移動します。

 

    // 左矢印ボタンを押したら移動するメソッド
    public void LeftArrowDown()
    {
        transform.Translate(-2, 0, 0);
    }

【LeftArrowDown】メソッドが実行されると、X軸方向に-2移動します。

スクリプトを保存しておく

スクリプトを保存する
  • CTRL+S
  • 【File】→【保存】

スクリプトも保存しておきましょう。

【PlayerController】を【Player】にアタッチ

Unityで【PlayerController】を【Player】にアタッチ

●スクリプトをアタッチする

【Unity(エディタ)に戻る】→【PlayerControllerスクリプトをPlayerにドラッグ&ドロップ】

スクリプトは単体のままでも、オブジェクト単体のままでも意味がありません。オブジェクトとスクリプトをアタッチ(紐付ける)ことによって、はじめてスクリプトが実行されます。

ここで【Player】オブジェクトに【PlayerController】をアタッチしています。

【RightArrow】を押したときのメソッドを設定

Unityで【RightArrow】を押したときのメソッドを設定

【RightArrow選択】→【Inspector】→【On Click】→【+を押す】→【None(Object)にPlayerをドラッグ&ドロップ】→【No Function】→【PlayerController】→【RightArrowDown()】

【RightArrow】ボタンが押されたら、【Player】の【RightArrowDown】メソッドが実行されるようにします。

Unityでのクリック時のイベント

こんな感じになっていればOK。これでボタンが押されたときのメソッドを実行できます。

「LeftArrow」を押したときのメソッドを設定

Unityで「LeftArrow」を押したときのメソッドを設定

【RightArrow選択】→【Inspector】→【On Click】→【+を押す】→【None(Object)にPlayerをドラッグ&ドロップ】→【No Function】→【PlayerController】→【RightArrowDown()】

【LeftArrow】ボタンが押されたら、【Player】の【LeftArrowDown】メソッドが実行されるようにします。

UnityでLeftArrowDow

こんな感じになっていればOK。

おわりに

ゲームを実行する

こうなっていればOK。

では爆弾を避けよ!~6~に行きましょう。

Unityサンプルゲームの「爆弾を避けよ!」の6
【Unity2Dサンプルゲーム】爆弾を避けよ!~6~Unity2Dサンプルゲーム『爆弾を避けよ!』を作っていきます。この記事では爆弾をおとしていきます。非常に簡単なので、ぜひやってみてくださいませ。...
ABOUT ME
さぎのみや
さぎのみや
超書手。現在はUnityメディア「ユニシャー」の運営とゲーム開発がメインです。Unity、ライティング関係のお仕事お待ちしております。 >>詳しいプロフィール >>Amazonほしいものリスト
【Unity3D】新しいサンプルゲーム(チュートリアル)を作りました!!!
Unity有料サンプルゲーム

色々と応用できるサンプルゲームとなっています。ぜひ、作ってみてください。

>>BOOTHでサンプルゲームを見る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください